ク・セ・ジュ 〜月夜に君は何を想うか〜

考えるということは、要するに自分で何か映像をつむぎだしていくということだ。何かが、あたかも自分の眼にはっきりと映るかのようにしていくのが「考える」ことだ。どんな人でも、結局はそういうふうにして考えている

『草莽ニ死ス ~a lad of hot blood~』 第20話

※どうもいがもっちです。 今回はみなさんお待ちかねのあの人が登場!? 神戸の夜港を背丈の大きい男が闊歩している。 「冬の神戸は港としては凍結せんぶん優秀なんかもしれんが、南国出のワシにゃあ、やっぱり寒いがぜよ。今夜は鍋じゃのう。あれ? 昨日も鍋…

歴史SF小説『草莽ニ死ス 〜a lad of blood〜』 第17話

☆いがもっちです。 お笑いと女の子はその実似ていて、追いかけたら手に入らない。 瞬殺だった。 改めて言おう。 瞬殺であったと。 「畜生。なんだってんであんなおチビちゃんみたいな目に合わないといけないんだ」 瞬殺とは言ったが彼女の息はまだ続いている…

草莽ニ死ス 〜a lad of hot blood〜 第14話

いがもっちです。 「佐久間象山なんでまだ生きてんの? 河上万斉に斬られて禁門の変ではもう死んでいるよね?」 という質問にお答えします。 万斉に斬られた佐久間は死生術を用いて作られてクローン佐久間です。 ※禁門の変にて三浦をうまい具合に操り新撰組…

歴史SF小説『草莽ニ死ス 〜a lad of blood〜』 第11話

いがもっちです。今回はいきなり本文から入ります。 ※元治元年、7月19日。この日、歴史にも残るとなる事件が起きた。 禁門の変、改め蛤御門の戦いである。 池田屋事件の一件以来、悪役として睨まれていた長州藩は罪の回復のために朝廷に許しを請う。 朝廷…

歴史SF小説草莽ニ死ス 〜a lad of hot blood〜 第8話

☆就活をしないといけないのにES(エントリーシート)の代わりに小説を書いているいがもっちです。小説には緩やかというか雑味になる箇所が必要だと個人的には思っています。今回の話はその雑味にあたる部分です。 「う〜〜、やはり朝はとりわけ寒いですな」 …

歴史SFリレー小説『(タイトル未定)』第5話

☆いがもっちです。自分の回では時代背景を膨らませる描写が弱くなってしまいがちです。そこが一つ課題ですね。前回、ピンチのノグチ。ノグチの頭に降り掛かるのは刀か? それとも上司たちからのプレッシャーなのか? 「しまっーー」 ノグチはとっさの防御す…

歴史SFリレー小説『(タイトル未定)』 第2話

•第2話は管理人であるいがもっちが務めます。好きな時代は幕末。完全に管理人の好みが設定に表れてしまいました。活字に慣れていない人が楽しめる。そんな小説を書けたらなと思っています。 ☆死児さらいを捕まえて新撰組に入隊しようとする小佐吉がとった行…

【開幕】リレー小説(変更点)

テーマは偽史と言いましたが、 変更します。 歴史SFにします。 追加:無茶振り推奨

【開幕】リレー小説、始動。

どうも管理者のいがもっちです。 管理者なのに更新が一番最後ってどういうことなんでしょうかね。 この度、訳あってブログの移動をさせていただきました。 igamocchi.hatenablog.com ↑以前のブログ 小説とかをブログに載せていこうかと思ったんですが、 いか…