読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ク・セ・ジュ 〜月夜に君は何を想うか〜

考えるということは、要するに自分で何か映像をつむぎだしていくということだ。何かが、あたかも自分の眼にはっきりと映るかのようにしていくのが「考える」ことだ。どんな人でも、結局はそういうふうにして考えている

歴史SFリレー小説『(タイトル未定)』 第1話

●歴史SFリレー小説がはじまります。舞台は幕末の京都。第1話は、清水トミカ(仮)改めゴクツブシ米太郎が担当しました。暇があれば読んで行ってください。どうぞ。

 

 京の町の一角にでん、と構えた町人屋敷、その離れの裏手で空を切り裂くにぶい音が小一時間、もう小一時間もつづいている。

 覗いて見れば、汗だくの二人の男が小袖を剥いて上だけ裸になり、一心不乱に木刀を振っている。

「あーあ、ぼく疲れちゃったよ。小佐吉(こさきち)、そろそろ休もうよ」

 根を上げたのはこの屋敷の当主、梶尾賢晴(かたはる)の嫡男、隆晴(たかはる)だった。隆晴は木刀を投げ出し、地面にへたりこむ。

「まだまだですぞ、若様!」

 小佐吉と呼ばれた男は地が鳴るような大音声で喝を入れた。

「将来、新撰組隊士となるような御仁には、この程度の鍛錬でへこたれている暇などありはしませんぞ!」

 そう叫ぶや否や、木刀の素振りを再開する小佐吉を見上げながら、隆晴がぼやく。

「でもいくら練習したって、剣の技が下手くそなら意味ないじゃん。現に小佐吉は新撰組の入隊試験、落ちてるわけだし」

「落第したからこそ、再起を果たさんと修行に打ち込めるというもの。若様と私のどちらが先に入隊できるでしょうかな!? 競争ですぞ! わははは!」

「いや、でも小佐吉は剣術ドヘタじゃん。ぜってームリ。アハハ」

 その時、二人が飛び上がらんばかりの怒鳴り声が轟いた。

「くぉぉぉぉらぁぁ、てめぇら何やってんだ!!」

 当主賢晴が出先から戻ってきたのだ。隠れて練習しているつもりだったのだが、小佐吉の大声が聞かれてしまったようだ。

「小佐吉テメー、また剣術などくだらんことをせがれに教えやがって! この害悪畜生め! 門番は門番らしく棒のように突っ立っていやがれ! ぶち殺すぞ!」

「……ふぁい」

 小佐吉は俯いて返事をし、すごすごと自分の持ち場に戻っていく。

 数ヶ月前、田舎から上京を果たして新撰組の入隊試験を受けるも落第し、意欲も財布の中身もすっからかんの自分を拾ってくれた賢晴には、まるで頭が上がらなかった。

「隆晴、テメーも新撰組に入りたいとか頭おかしいこと抜かしてんじゃねぇ」

 立ち去る小佐吉の耳に、賢晴がぷりぷり怒りながら、木刀を真っ二つに折る痛々しい音が突き刺さった。

「町人の子は町人らしく、この家を継ぐことだけを考えていな。新撰組に入ったってアレだぞお前、町のゴロツキひっ捕らえて薄給もらうが関の山だぞ。それより己の力でたんと稼ごうじゃねぇか!」

「分かってるよ、でも……」

「最近じゃ新撰組の評判も悪いみたいじゃねぇか。近藤一派が芹沢一派を粛清したり、例の『死児さらい』を捕まえるのにてこずっていたり……。隊の規模が大きくなるにつれて組織が回らなくなってるんじゃねぇかと俺は睨んでる」

 死児さらい、か。

 小佐吉はハッと顔を上げた。ここ一ヶ月ほど、京近辺を騒がしている誘拐犯の噂は、小佐吉の耳にも届いていた。なんでも、死児の墓を掘り起こして死体をかっさらっていく、不可解な事件が頻発しているという。犯人は一人なのか複数人なのか、男なのか女なのか、何一つ手がかりはつかめていないときいている。

 そいつをひっ捕らえれば、新撰組への入隊が叶うやもしれぬ。

 小佐吉の胸に、再び熱い希望が煮えたぎってきた。

 

(第1話終わり)