読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ク・セ・ジュ 〜月夜に君は何を想うか〜

考えるということは、要するに自分で何か映像をつむぎだしていくということだ。何かが、あたかも自分の眼にはっきりと映るかのようにしていくのが「考える」ことだ。どんな人でも、結局はそういうふうにして考えている

歴史SF小説『草莽ニ死ス ~a lad of hot blood~』第7話

●担当はゴクツブシ米太郎です。新撰組のメンツのうち、土方や沖田がなかなか出ずに山南や斉藤といった外堀から埋めてく感じ、僕はけっこう好きです。

 

 

佐久間象山殿、ですか……」

 小佐吉は深呼吸をして、震える舌を落ち着かせると、何とか言葉をひねり出した。

「確か昨年、異人の艦隊が来航した折に門弟の一人が密航を企てた咎で、幕府より蟄居を命ぜられたと聞き及んでおりましたが……」

「その命が解かれたのだ。象山に学問の教えを乞いたいという、慶喜公のご意向でな」

 山南総長は、ぎちぎちに畏まっている小佐吉と隆晴を眺めながら、足をくずして話し出した。

「あと数ヶ月経てば、象山は京へやって来る。啓之助とかいう倅を連れてね。象山はどうやら倅をこの新撰組に入れたいらしい。うちとしては、啓之助をツテにして象山に近づく好機というわけだ」

「総長、左様な内秘をこやつらなんぞに聞かせては……」

 苦い口調でたしなめる斎藤に、山南総長は涼しい顔を向けた。

「かまわんさ。この子らの首が刎ねられるのも時間の問題だからね。土方くんが見廻りから戻ってこの子らの存在を知ったら、発する言葉はひとつ、『斬れ』しかないだろうから」

 ぐえっ、と鴨が首を絞められたような声が小佐吉の隣でした。見ると、隆晴が真っ青な顔で口もとを押さえて震えている。それを見た小佐吉は頭で畳をかち割らんばかりの勢いで平伏すると、大音声を発した。

「恐れながら! 申し上げたき由がございまする!」

「悪いが、君ばかりと話している時間はない。目を通さないといけない書類が山ほどあるし、岡田以蔵についての調査も進めないとね」

 さらりと受け流して立ち上がった山南の足もとに小佐吉はにじり寄り、再び頭を畳に擦りつけた。

「夜遊びの咎で斬り捨てる位ならば、この小佐吉を新撰組のためにお使い下さいませ! 屯所に幽閉され、さながら奴隷畜生のごとく扱われたとて、この身、新撰組に忠を尽くせるならば過分の幸せにございます!」

「幸せ? 君はこの新撰組に生きる幸せを見出そうとしているのか? 見くびってもらっては困るな。我々の仕事は時に、畜生も恐れる地獄を味わうことと心得たまえ。幸せの花など咲かぬ、暗い地獄の果てだよ」

 そう切り返して歩き去ろうとした山南の足を、小佐吉は激するあまりにむんずとつかもうとした。が、慌てて思いとどまり、宙に浮いた手でがむしゃらに畳をバン、と叩いた。

「地獄なれど大地はあるかと存知まする! さらばこの小佐吉、幸せの種を蒔いて小便でも引っ掛けて、綺麗な花を咲かせてご覧にいれましょう!」

 この無我夢中の抗弁には、さすがの山南総長も斎藤も、失笑を禁じえなかった。

「そうかね。ぜひとも、君の小汚い小便で育った花を見てみたいものだな。仕方ない、君らの助命嘆願を私から土方くんに申し出てみるとしよう」

 山南はそう言うと、這いつくばった小佐吉の傍らで、小さくなっている隆晴に視線を移した。

「そこの坊ちゃんはどうするかな?」

「ぼ、僕は――」

 しどろもどろする隆晴に代わって、小佐吉が先ほどとはうって変わって、明朗な口振りで、静かに答えた。

「この御仁は拙者が出来心で連れ出して来たに過ぎませぬ。富裕の町人の家に生まれながら学も才もない愚鈍な童なれば、今宵起こったことをこれっぽっちも理解できていないはずでございます。そもそも、この御仁の矮小なる脳みそは一晩寝れば昨日までのことなど一切忘れてしまっているゆえ、このまま帰らせたとて、何の問題もありますまい」

「何を言ってるんだ、小佐吉!?」

 散々な言い草に逆上しかけた隆晴を、山南はまぁまぁと宥めて、

「小佐吉、君がこの坊ちゃんを守らんとする気持ちはよく分かった。しかし、一応、土方くんたちの耳に入れておかねばな。坊ちゃんの処遇はそれからだ」

 一方、斉藤は小佐吉の一連の行動を傍目に見ながら、不思議な気分に捉われていた。

 ――この小佐吉とかいう得体の知れない男、見覚えがあると思ったが、数ヶ月前、入隊試験で落第にしたやつではないか。あのとき見た限りでは、剣術はからっきしだったが、今の様子から察するに、それとは別の才を持っているのかもしれん。何と言ったらいいのだろうな、「人を動かす才」とでも言おうか。もしかすると、山南総長もそれを試して……?

 

 数時間後、屯所に帰って来た近藤、土方両名に小佐吉たちの助命嘆願が聞き入れられた。小佐吉の必死な熱意が伝わった、というわけではなく、近藤と土方は、同刻にたまたま発生した攘夷浪士たちの殺傷事件の対応に追われて、それどころではなかったのである。

とにかく、釈然としない形ではあったが、小佐吉は晴れて新撰組の仲間入りを果たした。

職階は一般隊士以下の雑用係。斉藤一が隊長を務める三番隊預かりの身となった。

「僕も雑用係でいいから、小佐吉と一緒に新撰組に入りたかったのに……」

 夜も明けようかという頃、屯所の門の前で見送られながら、隆晴が口惜しそうにつぶやいた。小佐吉は頭を振って反駁する。

「なりませぬ、なりませぬ。若様のように立派なご身分の方が、雑用係としてこき使われている等という噂が広まれば、梶尾家の名に傷がつきまする」

「そんなの僕が気にしないこと、知ってるくせに。小佐吉はずるい……」

「左様ですな。拙者はずるい。うまいこと裏口入隊してしまったわけですから。せめて若様だけでもいつか、堂々と試験に及第して入隊を果たして下さいませ。それが、若様の道でございますれば……」

「道、かぁ」

 隆晴の脳裏に、頑固な父親の顔がスッと浮かんだ。隆晴はそれを頭の隅に追いやると、努めて朗らかに言った。

「小佐吉の道も大変だと思うけど、マジ頑張って」

「ありがとうございます」

 小佐吉は頭を深々と下げた。小佐吉に背を向けた隆晴の目に、東の空から顔を出した朝日がしみた。隆晴は忌々しそうに目を細めると、自宅に向かって足早に歩き出した。

 

(第7話おわり)

歴史SFリレー小説『草莽ニ死ス ~a lad of hot blood~』第6話

★担当はマーシャルです。いまだに文章になれていません。ですが、バトンを取りこぼすわけには、タイトルが決まり改めてスタートです!

 

「さて、どこから君たちにお話しをしましょうか……」

 小佐吉は今まさに憧れであった新選組の、それも町人からも“サンナンさん”と慕われている総長、山南敬助と対面していた。これまでを考えれば願ってもない事だ。その周りを隊士達が囲って座りこちらを睨みつけるようにしていなければ……。山南さんもその表情は鋭くいかめしい。

 あの後何が何だか分からないまま斬り合いに割って入ったのはいいものの、何が何だか分からないまま相手には逃げられ、今度は周りの浪士に太刀を向けられ何が何だか分からないまま、八木亭こと新選組屯所に連れてこられ、今に至っている。

 道中は(若様が目覚め、一悶着あったものの)皆全くの無言で自分達を襲ったのも、墓場に居たこの集団が新選組だと分かったのも全ては屯所に着いてからの事であった。

 どうしよう、小佐吉はなんとかこの場から穏便に若様と自身を五体満足で(出来れば賢晴様に怒られないよう明け方までに)抜け出せないか脳内を総動員して考えていた。

 恐らく最初に気絶させられたのも、あの場に居た隊士が皆いつもの浅葱色の羽織を着ていなかったのも何かあっての事だ。自分達は見てはならない所を見てしまった。

 若様もそれについては十分理解しているようで、屯所についてからは借りてきた猫のようだ。

「あの、私たちは死児さらいを捕まえたくて」

 とりあえず、なんとか言ってみようと切り出してみた、

「……」

「あ、……」

 しかし、沈黙がそれを許してくれない。静寂は再び保たれる。

 

「先にこちらから君達に色々教えましょう」

 山南さんがようやく沈黙を破った。

「巷の死児さらい、その一部は私たちの行いです」

 なんと!思ってもないことである。まさか、死児さらいの犯人が新選組だったとは

「ですが、我々が死児を集めて回っているのには理由があります」

「理由?」

「はい、お二人は死生術をご存知ですか」

 山南は淡々と問いかける。突然話が変わったことに不意をつかれた。

「シセイジツですか、たしか死者を甦らせる洋学の1つだとか」

 浦賀に黒船が現れて以降、様々な噂が京都でも飛び交っている。

 曰く、“異人は死人を甦らせて使役している”

「おれは清国の道士の術だとか、ブウドゥとかいう南蛮の咒の1つだと聞いたぞ」

 若様が言うように死生術に関してだけでも様々な話しが出回っている、何でも天子様が兵庫港の開港をお許しにならなかったのも、異人が使う穢れた死人を京に入れないためとか、そのような取り留めの無い類いもののはず。それを今、何故?

「死生術は咒ではなく、医学のようなれっきとした学問の一つとして存在しています」

「でも実際に死体が動くなんて」

 にわかには信じがたい事である。

「いえ、君達はもう実際に彼らを見ているはずですよ」

 山南の目は二人をじっと見据えていた。咄嗟に目を他の隊士達に逸らした。

「死者は瞳孔が開いたまま、表情は凍りまばたきもせず、一挙一動に無駄がない」

 まさか、辺りを見回し視線を山南に戻した。

「ええ、この間に居る私とあなた達以外、皆その死人ですよ」

 辺りは一段と静寂となった気が小佐吉には感じられた。

 

浦賀に入ってきた死生術は当初、死人は動きものろく荷物運びなどの雑役しかこなせないような粗末なものでした。ですが、ある学者によって僅か2年と半年後には死人は一見すると生者と同様に動き、また限定的にですが生前体得した技を劣化することなく振るえるようにまでになりました」

 小佐吉と隆晴の戦慄した様子にも関せず、山南の話は続く

「我々の任務はこの技術を奪わんとする不逞浪士共の脅威から京を守り、そして技術の原点を作った学者、佐久間象山の死生技術の写しを回収することにあるのです」

 

(第6話おわり)

リレー小説、タイトル決定

どうも、マーシャルです。ブログ連載のリレー小説のタイトルが決定しました。

 

タイトルは『草莽ニ死ス ~a lad of hot blood~』となります!

 

きっと連載を重ねることによって、後から意味がついてくるハズです。

これからも応援よろしくお願いします。

歴史SFリレー小説『(タイトル未定)』第5話

☆いがもっちです。自分の回では時代背景を膨らませる描写が弱くなってしまいがちです。そこが一つ課題ですね。前回、ピンチのノグチ。ノグチの頭に降り掛かるのは刀か? それとも上司たちからのプレッシャーなのか?

 

「しまっーー」

 ノグチはとっさの防御すらとることができない。

「じゃあねぃ♪、お前もばいばい」

 以蔵の刀剣が降り下ろされる。

続きを読む

歴史SFリレー小説『(タイトル未定)』第4話

●こんにちは。第4話はゴクツブシ米太郎が担当します。バトンがようやく一巡しました。楽しく書きました。物語の全体像がふわっと見えてきたような見えないような、まだつかみどころがないなぁと、そんな感想をもちました。

 

 人呼んで人斬り以蔵――ここ数年、攘夷派の土佐勤王党に与して京都に潜入し、あまたの役人を誅殺してきた第一級の危険人物である。幕府お膝元の新撰組にとっては当然、即刻つぶしてしまいたい目のかたきだった。

――この二、三ヶ月は沙汰も起こさず、杳として姿をくらませていたようだが。

 突如、月明かりの下に姿をさらした以蔵を、山南は注意深く観察する。

 ――意味もなく我々の眼前に現れるような男でもあるまい。

「まだ人斬りって呼ぶのかい? 俺のことを?」

 以蔵は女のように細い指で、着流しの大きく開いた胸元を掻きながら、甲高い哄笑を漏らした。

「近頃はさぁ、人でもねぇようなものばかり斬ってる気がするけどねぇ。そっちのほうがおもしれぇから、もう人を斬るんじゃ物足りんかもねぇ」

 総長、下がってください、と若い隊士が一人、山南の前にずいと進み出て刀を構えた。血気盛んなこの若者は、一思いに以蔵を斬り伏せるつもりらしい。山南は反射的に叫んでいた。

「ばか、よせ!」

「さよーなら」

 そうつぶやいた以蔵の抜いた刀が蛇のようにしなって若い隊士の身体を打った、

 打たれた隊士は血しぶきを噴いてくずおれた。

 胸から腸まで届く長い裂傷が刻まれたその身体は、一瞬にして事切れていた。

「山南さんっ」

 ノグチが有無を言わさぬ調子で山南を庇わんと後ろに押しやり、以蔵の前に立ちはだかる。以蔵はノグチを指差してにたりと笑った。

「そう、お前みたいなやつと話がしたかったんだ。京の大人たちの流行り唄で耳にしてねぇ、『生きてもつまらん往(い)んだろか 往んでも逃げれん生き地獄 骸(むくろ)を誰かが掘り出して 虚ろな遊びをしたるんか♪』ってねぇ。見るにつけ、お前が蘇らされた死体ってとこだろう?」

「お前なんぞに教えることなど何も無い。覚悟して散れ!」

 ノグチは風のごとき速さで以蔵との間合いを詰めると、刀を振りかぶった。以蔵はひらりとかわして反撃の一太刀をノグチに浴びせる。しかし、それが見切れぬノグチではない。身体をよじって刀で受け止めた。鍔迫り合い、金属の軋む音が静かな墓地に響き渡る。

 ノグチは怒鳴った。

「岡田、貴様の狙いは何だ!? 京の都に何の用がある?」

「狙い、というかまぁ、そうだねぇ……。お前たちのやってることが生者の再利用だとするならば、俺たちのほうは……死が生の次のステージになるというか……。そういうことかもしれないねぇ」

「何だと?」

 予想外の回答に集中力が途切れたノグチの隙をつき、以蔵がノグチの足を払う。

「しまっ――」

転んだノグチの頭上から、真っ直ぐ刀が振り下ろされた――

 

(第4話おわり)

歴史SFリレー小説『(タイトル未定)』 第3話

・第3話はマーシャルが担当させて頂きます。テーマを聞いた時、「幕末、SF『銀魂』かな?」が最初の感想でした。

隆晴と小佐吉の前に新選組の脅威が襲い掛かる!

 

 容赦することはできない……」

 山南は所謂、“優男”ではあるが己の立場をわきまえず自身の些細な偽善を満たさんがために全てを台無しにする男では無い。組織を改め、新しく新撰組の特別な部隊の長となった彼の一挙一動がこの場にいる隊士、ひいては今後のこの「作戦」に影響が及ぶことも十分に理解していた。

 此度の作戦においては、事前に土方や永倉らと新たに「屍浚法度(しざらいはっと)」なる隊規を策定し、この任務にあたる隊士達に徹底させている。今まさにこの商家の子ら二人を斬らねばならないのもこの法度に定めたことに従って行わねばならぬ事だ。「隠密ナレ。見付レバ即チ討捨ルベシ」。隊規は絶対であり、そこに私情が介入することは一切許されない。

 しかし、絶対の規則と揺れ動く私情の間にやはり疑問を拭い切れずにいられなかった。芹沢ら水戸派の粛正後、局長となった近藤とは江戸にいた頃からの付き合いであり尊敬に値する人格者だ。しかし彼やその他の試衛館組と隊の再編成後、距離を取っていた。組織の拡大について異論は無い。しかし今まさに私が、新撰組が行っていることは果たして本当に勤王と言えるのだろうか、士道たり得るのだろうか、それとも近藤はそれ以上の……、

「どうしたんですか、やっぱり山南サンさんには酷なコトですかね?」

突如、思考に軽口が割って入ってきた。気づくと、この隊でも若手で壬生浪士隊の頃からの隊士であったノグチが顔を覗き込ませていた。その瞳は開き、自身の像を映している。

「いえ、なんでもありませんよ。」

思考が表情に浮かんでいなかったかと一瞬、気取ったが相手がノグチで良かった。相手が斉藤であれば少なからず読み取られていたかもしれない。

「しかし隊規とはいえ、相手が無抵抗な子どもでは気が引けますね」

 相変わらずノグチは軽口を続ける、この言葉にも深い意味はない筈だ。彼は純真で率直な性格であった。しかし、例えノグチが生来は察言観色な人物であったとしても関係はない。なぜならば彼はすでにこの世の者ではないからだ。

 そもそもこの隊に生者は半数しかいない。残りは「屍番」と呼ばれる動く屍である。「死人に口無し」とは今となってはそうは言えないが、思考はない。彼らに残されたのは生者との意志疎通能力と生前に体得した剣技のみである。目は開きながらも、その瞳孔は常に開きそこがより、生者との境界を明確にしていた。

 死の恐怖や倫理観に揺れ動かされない彼らを見ていると、自身の考えなどどうでもよくなった。今私に必要なのは、目の前の問題に総長としてどう対処するかである。そもそもこの場に長居することも更なる障害を招く恐れがあることだ。

「斬り捨てなさい。」

出来るだけ冷淡に、用件だけを山南は告げた。

 斉藤は抱えていた子ども2人を放り投げ、2人は地面にどすっ、と横たわった。すかさず隊士たちはそれに続き均等な距離を保ちながら辺りを囲み、抜刀した。隊士の内2人が隆晴と小佐吉に斬りかかろうとしたその時、背後の崩れかかった墓石からすさまじい破裂音と共に影が跳んで来た。

 ―――直後、隊士1人が正面から倒れ、同時に対面した隊士の首を影が刎ねた。隊は突然の出来事に対応が遅れ、影はそのままの勢いを緩める事無くこちらを目掛けて突進してきた。

 最初に影の突き立てる刃に対応したのは斉藤であった。彼は向かってくる刃を太刀で撃つと、影は体制を僅かに崩した。しかし、迎え撃つ間もなく影は地面を故意に転がり相対する全ての者と距離をとる。隊は影を囲むものの俊敏な動作とその撃剣に下手に動くことが出来ず、辺りは静寂となった。影が一言も発さない事が一層に人離れした不気味さを強調させる。

 霧が晴れ、月光が幽かに影の正体を捉えた。その時隊士の1人が初めて声を上げた。

「おまえは、人斬り以蔵」

 

(第3話終わり)

 

歴史SFリレー小説『(タイトル未定)』 第2話

•第2話は管理人であるいがもっちが務めます。好きな時代は幕末。完全に管理人の好みが設定に表れてしまいました。活字に慣れていない人が楽しめる。そんな小説を書けたらなと思っています。

☆死児さらいを捕まえて新撰組に入隊しようとする小佐吉がとった行動とは?

 

 

「若様、若様」

 

 子の刻。皆が寝静まったお屋敷で小佐吉(こさきち)は隆晴(たかはる)を起こそうとする。

 

「う、うーん。小佐吉かい? なんだってんだい。こんな真夜中に」

 

 目をこすりながら不機嫌に隆晴は答えた。

 

「若様。今から刀を持って出かけましょうぞ」

 

 

 半月が霧にかかって京の暗闇の街に薄明かりを灯す。静寂な屋敷と屋敷の合間を小佐吉と隆晴はひそひそと歩いていた。

 

「こんな真夜中に出歩いて。しかも家内の刀も持ってきちまったし。父ちゃんに見つかったらまた、しばかれちまう」

 

 ぶつくさ小言を吐きながらも隆晴は小佐吉についていく。

 

「申し訳ございません、若様。ですが我々が今からやろうとすることを知れば眠気も心配も吹き飛びまするぞ」

 

 隆晴とは正反対で小佐吉は意気揚々としている。

 

「一体、何をするってのさ」

 

「『死児さらい』を捕まえまする。それができますれば晴れて我々は新撰組の仲間入りができますぞ」

 

「『死児さらい』ってまじで言ってんの? 小佐吉」

 

 苦笑せずにはいられない隆晴。冗談だと思っているらしい。

 

「何者かもわからないんだよ? それに俺たち日頃から練習はしてっけどさ、今の今まで刀で人を斬ったこともないんだぜ? それに小佐吉は剣技が得意なわけでもないしさ」

 

「確かに我々だけでは無謀やもしれません。ですがこれぐらいの気概がないですと新撰組には到底は入れませぬし、入ったとて活躍なんぞできませぬ」

 

「そりゃそうかもしんないけどさ。もうちょっと計画ってのを立てよーさ」

 

「思い立ったが吉日。いや吉瞬ですぞ。やろうやろうと思っていてもいつまでたっても進みませぬ。一生町人のままで良いのですか? 隆晴どの」

 

「……だけどさぁ。第一どこの墓地に出るかもわからないってのにさ」

 

「それは大丈夫です。一つ一つしらみ潰しに見て回りましょうぞ!」

 

 勢いだった小佐吉の気に押されながら隆晴は彼に付いて回るしかなかった。小佐吉は言葉通りに一つ一つの墓地を回っていった。

 

「ねぇ、小佐吉。もうやめよーよ。疲れちゃったし眠たいしさ。そんな都合よく『死児さらい』も現れるわけないさ」

 

 7、8つの墓地を回ったところで隆晴は根をあげた。彼は何より『死児さらい』に出くわすのが怖かった。

 

「なんのこれしき。次の墓地に行ってみましょうぞ!」

 

 小佐吉はぐいぐい歩を進める。新撰組への尋常でない憧れが彼をそうさせた。

 

 京の市中からやや外れた龍安の衣笠山付近の墓地へと二人は足を運んだ。

 その墓地は明らかに他の墓地と様子が違った。

 墓地近くに守護の者がうろついていた。

 

「あれが『死児さらい』? それとも死児さらいが現れたのかな?」

 

「もう少し中に行って様子を見てみましょう」

 

 二人は守護の目をかいくぐり墓地中心から外れた裏山から中の様子を見ることにした。

 

「あれは?」

 

 目のいい小佐吉が何かに気づく。二人は山の草木の茂みに隠れて墓地を見下ろした。10人もいかないが、コソコソやっている集団がいる。よくよく見ると膝丈寸の土の山ができている。その横には布地に包まれた少年の背丈ばかりのものが置かれている。

 

 ーー死児さらいだ!

 

 二人は何も言わずとも目配せでお互いの意を察した。

 下っ端らしき者たちが布地の、おそらく死児を運び出していった。

 

「おい、小佐吉。もう帰ろうぜ。どのみちあの人数相手じゃ無理だよ」

 

 隆晴は声を震わせた。

 

「そうですね。ここは一旦引きましょう」

 

 流石の盛んな小佐吉も無鉄砲さを省みて引き上げようと思った瞬間だった。 

 

「そこで何やってんだ。お前ら」

 

 後ろから来た声に二人はビクッと体を反応させすぐさま振り返った。

 

「なんだ子供(がき)か……その腰につけてんのは刀か」

 

 二人は全く動けないでいる。

 ーーなんだこの威圧感は。今まで会ったどの大人とも違う尖った殺気を纏っている。

 自分の心臓が目の前にあるかのように動悸が早まっているのが小佐吉はわかった。

 

「まあ、でも見られたもんはしょうがねーな」

 

 男が動いた。

 

 

「……これで全部ですか。引き上げましょう」

 

 墓にいる集団の長は部下たちに指示を下した。

 

「見回りをしている斎藤くんたちにも声をかけてください……おや? あれは斎藤(さいとう)くん?」

 

 長の目の先には子供二人を抱えた斉藤の姿があった。

 子供二人は気を失っていた。

 

「おや、どうしました? 斎藤くん。迷える子羊2匹を捕らえろとの命令は出していなかったですが」

 

「山南(やまなみ)総長。どうする? こいつら。見てたぜ。おそらく。一部始終を」

 

 斎藤は表情を一切変えず低い声で冷静に語った。

 

「それは困りましたね。どうしたものか。私たち新撰組の邪魔になるような者は子供といえど容赦することはできない……」

 

 

(第2話終わり)